05
2019
11

愛に生まれたカルティエ

 物語はカルティエのガガミラノスーパーコピー後継者であるジョセフ・カルティエとそのデザイナーのジェニー・デュさんの物語です。1919年の春は、44歳のジョセフ・カルティエにとっては異例の季節だった。この年の4月、ジョセフさんはパリ上流社会の集まりに参加して、パーティーで知り合ったばかりの24歳のジェニー・デュさん、前に話したウィンザー公爵夫人が身につけていた「チーター」ブローチなど多くのアクセサリーはジェニーの手によるものです。これはカルティエの転機とは誰も思わなかったでしょう。同僚も悲劇の始まりです。



また1段の王子とシンデレラの愛情で、アイドルの劇のすべての橋段と同じに、この愛情は支持されないことを運命付けます。しかし、アイドルドラマと違って、いろいろな苦しみを経験した後、二人は円満な結末を換えられませんでした。ジョセフ?カルティエさんは交通事故で亡くなりました。悲しい思いをしたジェニーさんはジョセフさんの願いを完成するために、すべての心血と精力をカルティエの仕事に投入しました。



陳妍希さんと陳暁さんの結婚式の招待状で、二人はカップル服を着て、カルティエのカップルリストを身につけています。結婚式では、二人はカルティエのアクセサリーと腕時計を選んだ。



無数の女性がカルティエを持ちたいと思っていますが、そのデザインが好きなだけでなく、その背後にあるラブストーリーも無視できない役割を果たしているかもしれません。多くの人は祝日の中でプロポーズと婚約が好きで、ロレックスコピー愛情を目撃証言するものは普通のバラと指輪を除いて、カルティエの腕時計もとても適当で、あなたが時間を相手に手渡す時、愛情もそのため永遠です。

« 上一篇下一篇 »