29
2019
10

Urwerk騎士鎧腕時計:UR-105 M

 ケースデザインは中世の騎士鎧、内殻はチタン金属、兜カバーの形をした表輪は精密鋼で、リングの材質によっては2つのバージョンに分けられています。純精鋼は「Iron Knight」で、黒の抗画めっき層を採用したのは「Dark Knight」です。一枚の表の長さは53 mmで、39.5 mmで、厚さは16.65 mmで、サイズは小さくないです。



文字盤とムーブメントの芯が一体となっていて、伝統的な意味での時分針はなく、文字盤の下の縁は分刻みで、時間目盛りは四つの回転する円盤の上にあり、円盤の上のアラビア数字は時標でもあり、「分針」でもあります。だから、数字を読む上では伝統的な文字盤よりも簡単です。例えば、右図の時間は8時16分です。



秒盤と動力記憶読数は2種類の読取方式があり、一つは表の背にあり、一つは表の側の小窓を透過する。前のバージョンより便利です。



ムーブメントのモデルはUR 5.01で、これはマニュアルの上で鎖のムーブメントの芯で、周波数を並べる28800、動力は42時間保存して、特に驚喜するのはこのムーブメントも手動で学校を調整する機能があって、表の背の調節ねじを通じて(通って)学校を調整して時間の正確さを歩くことができます。



精鋼の腕時計の周りのIreon Knightの官価は58000瑞郎で、黒いDark Night版の官価は6300瑞郎で、えっと、これはもうUrwerkの一番安い入門級の時計です。

« 上一篇下一篇 »