22
2019
10

カンスドン:信用も一種の贅沢です。

 ガガミラノスーパーコピー時計がぜいたくとされた歴史は古く、宮廷貴族のために時計を提供した日から、トップ時計の時計としてはぜいたく品の運命にあった。今ではこのような概念は歪んでいるようです。価格とブランドだけを盲信するようになりました。コンスドンは後進のショーですが、腕時計全体の生態の中では、自分の変わったやり方があります。彼らの概念は感心させられました。贅沢品としてとても重要な内在価値と外在サービスは全部一致するはずです。



贅沢品の消費者として、今もますますけちをつけています。既存の価格とブランドだけではありません。彼らは工芸、材質、機能、サービス及び腕時計そのものの内在価値などの総合的な要素を重視しています。康斯登が作った贅沢な概念は価格だけではなく、サービスの質と技術において、彼らは絶えず改善を追求しています。製品そのものの内在的価値において、彼らはより多くの時間と創造性の投入を払い、唯一無二のロレックススーパーコピー腕時計を作りたいです。これらの形成したのは信用で、信用も間違いなく一種の贅沢です。

« 上一篇下一篇 »