17
2019
10

赤絵工芸:か焼百年の赤

 「赤絵」は陶磁器の装飾技法で、大まかに要約すれば、「青花磁器」の赤色バージョンとすることができます。陶磁器の器の面に釉薬を塗って、摂氏千度以上まで加熱して焼き、更に各種の色の釉を使って、絵を描いたり、ロレックススーパーコピー器の面に書いたりして、錦窯に戻して、低温で焼きます。日本の赤絵流は巨匠酒井田柿右衛門(1596-666)によって、当時の正保年間に完成されました。



日本の手芸に凝っているHermèsは、今年は赤で有名な日本競馬を再現しました。赤絵细描芸术は19世纪の日本で発展しました。現在も日本の赤絵を細かく描く技術を持っている職人は少なく、福島武山もその一人です。これは強力に石川県の九谷焼の伝統的な陶磁器の色彩画の芸術の大家を提唱して、巧みにアニメーションのペンを振って、赤色と代赭の色のためにきめ細かい段階を造営して、最後に精致な黄金のコーティングで筆を収めます。文字盤は三回のベーキング手順を経て、図案を固定することができます。夢のように幻の日本の古典的な風情があります。

« 上一篇下一篇 »