12
2019
10

Urwerk彫刻外装版EMC Pistol腕時計

 「EMC Pistol」は、ケースに手作り彫刻のタグホイヤーコピー模様を施したもので、ベルトはワニの背に最も突起する甲で作られています。



「EMC Pistol」ケースの装飾模様は拳銃の伝統的な彫刻模様からきています。銃の彫刻師Flian G yellartによって完成されました。この表のサイズは43×51 mmと考えられています。



機能レイアウトと機能は、オリジナルの「EMC」に続きます。文字盤の左上隅は、ムーブメントが動いている時の精度の±20 sの指示盤で、データはケース内に集積された電子センサーから来ています。右上の角は秒針盤、右下の角は時分針盤、左下の角は動力メモリ盤です。



公式資料によると、「EMC」の電子センサーはムーブメントホイールの両側に位置しています。その中の片側は光をサイクリング運動の領域に発射し、反対側は光源を受け取り、電子信号に変換します。電子センサー内部には1600万Hzの高周波電子発振器があります。これによって、「メカサイクリング」運動の正確な周波数を正確に比較して得られます。時間走誤差値



マシン芯はUrwerkが自分で設計し、サイクリングはARCAP合金の材質を採用し、スーパーコピー時計垂直に二重バネケースを搭載していますので、80時間の動力保存ができます。ムーブメントの9時の位置は遊糸の調整装置があって、直接にケースの背面の調節ねじと合わせます。



「EMC Pistol」のバンドはジュネーヴ皮具工坊Portalèsから来ています。Urwerkは特にワニの皮の背の上の甲の一番目立つ部分を使って、バンド全体に生き生きとした立体効果を持たせるように要求しています。

« 上一篇下一篇 »