09
2019
10

復古スタイルRef.5320 G Perpetual Calender万年暦腕時計

 このレトロな作品は、1940年代のアンティーク時計ロレックスコピーのデザインをいくつか参考にしています。時計のレイアウトは1941年のRef.1526万年暦に由来しています。時分針の先の細長いデザインは、1944年のRef.591万年暦を参考にしています。三層立体式の耳の霊感は1950年代のRef.2045小三針から来ています。




40 mmのプラチナケースにヴィンテージのクリーム色の漆の文字盤を合わせて、ケースの厚さは11.3 mmで、快適さは良好です。一万年暦の作品として、文字盤のレイアウトは依然としてはっきりしていて、読みやすいです。12時は日曜日と月窓です。6時は日付盤と月相です。5時の円窓は閏年で、7時は昼夜です。




Cal.324 SQ自動チェーンムーブメントを搭載し、367枚の部品から構成されています。周波数2800 vph、動力は最低35時間、最大45時間まで、同じくシリコンベースの材料で作られたGyromaxサイクリングとSpiromaxサイクリング遊糸で、毎日の走行誤差範囲は-3~+2秒の間にあります。

« 上一篇下一篇 »