09
2019
10

Aquanut Travel Time Ref.5650 G両地時腕時計

 これは「Adviancedリサーチ」の5作目で、2011年にブライトリングコピー発売された「Aquanut Ref.5516」に基づいて文字盤を半透かし処理しました。



40.8 mmのプラチナのケースの形はNautilusに近いです。青いチェックの文字盤を合わせます。主な時は分針が地元の時、一つの透かし針が故郷の時、6時は日付盤で、3時と9時はそれぞれ小さい窓があります。ケース側面の9時の2つのボタンを押すと、地元の主時計の針を素早く調節できます。タイムゾーンを飛び越える世界旅行者にとても適しています。



Cal.324 S C FPSのオートチェーンムーブメントを搭載し、シリコンベースのSilinvar素材を使って作られた「Spiromax遊糸」と、新たに設計されたタイムゾーン調整「フレキシブル装置」(Flexible Mechansm)を2つの重要な改良を適用しました。Spiromax遊糸は、特別なフランジ曲線により運転精度を向上させ、ムーブメントの毎日誤差を-1/+2秒の間にします。タイムゾーン調整の「フレキシブル装置」には、12個の極細の弾性鋼材部品が使われており、精密鋼材そのものの弾性をうまく利用して機械運転を完成させ、機械摩擦を減少させると同時に、部品の総数を25枚減少させ、モジュール全体の厚さを減少させます。



オーデマピゲコピー500枚限定で、官価は59000ドルです。

« 上一篇下一篇 »