08
2019
10

精致で優雅なSlim d’Hermès腕時計の新しい色バージョン

 二枚の「Slim d’Hermès」シリーズの新作は、黒い漆面と半透明の白木蘭色の二つの文字盤を提供しています。



新作はフランスのデザイナーPhilippe Appelogが「Slim d’Hermès」として独占的にデザインしたアラビア数字書体をそのまま使用しており、デジタル中間に途切れることのないデザインで時間の流れを暗喩している。文字盤の時標輪は砂を研ぐ技術を採用しています。分刻みの内側の円は細かい同心円の紋様です。



精鋼のケースの直径は32 mmと25 mmの二つのバージョンを提供しています。リング部分はそれぞれ60個のダイヤモンドを象眼しています。32 mm版のダイヤモンドの総重量は0.47 ctで、25 mm版のリングは0.29 ctのダイヤモンドを象眼しています。スイス製クォーツムーブメント、クロコダイルベルトを搭載。

« 上一篇下一篇 »