29
2019
09

Vacher on Contstantinブラックの文字盤版Overseasの大きい3針+タイミングコード表

 Overseasシリーズの二枚の配色作品――一枚は「Overseas Self-winding」41 mmの大三針で、もう一枚は「Overseas Chronograpph」のタイムテーブルで、いずれも黒塗りのロレックスコピー文字盤を使っています。特に、クロノグラフの白黒の配色は特に注目されます。



Overseas Chronographクロノグラフ
Ref.5500 V/110 A-B 481
パンダの配色盤が好きな人にとっては、黒地の白盤の新しいデザインは驚きであり、コントラストとクラシックな雰囲気を持っています。三つの小さい文字盤は簡潔な非セリフ体の数字を使って、Overseasの洗練された設計を透露します。3時は30分のタイムプレートで、6時は12時間の累計盤で、9時の小さい秒針で、白地に黒い文字の小さい日の窓は4時と5時の間に隠れています。
42.5 mm精密鋼のケースは、タイミングコード表にとって最も手頃なサイズで、カリブブリエ5200自動的にチェーン芯を搭載し、ダブルバネケースは52時間の動力備蓄を提供します。このムーブメントは導柱輪のクロノグラフ構造を採用しています。公定価格は30300ドルです。



Overseas Self-winding大三針レイアウト腕時計
Ref.5500 V/110 A-B 481
41 mm精鋼のケースは精密な糸引きによって研磨され、12辺の輪の霊感は「マルタ十字」であり、Overseasの最もシンボル的な設計要素でもある。黒い漆の文字盤は、銀白色の時标と針を組み合わせて、優れた視認性を提供します。
自生産のカリブブリエ5100自動オンチェーンのムーブメントを搭載し、周波数2800 vph、動力は60時間準備されています。ガガミラノスーパーコピー官価は20900ドルです。
二つの新しい表はいずれもVacher on Contntinの快速な交換式のベルトを使用しており、精密鋼の時計チェーン、黒いワニの皮のバンドと黒いゴムのバンドの三つの選択を提供しています。

« 上一篇下一篇 »