24
2019
09

最終版Horologcal Machine N°6 Final Edition陀飛輪腕時計

 「Horologcal Machine N°6 Final Edition」の腕時計で、名前の「Final Edition」はHM 6シリーズの2014年に登場してから最後のバージョンとなります。その後は生産を停止します。



HM 6シリーズのデザインからインスピレーションを受けた1980年代の日本のアニメ「宇宙突撃隊」は、腕時計全体の外観が独特な宇宙船のように見える。今回の究極版の外装は精密鋼の材質で、サイズは49.5 mm x 52.3 mm x 20.4 mmで、表面はサテンの面を通じて処理して、数本の平行に延びる凹線で装飾して、左右の両側はそれぞれ1つの表冠があります。



ケースの上には全部で5つの丸い舷窓があります。前の二つはそれぞれ数字の時間と分を表示しています。後ろの二つはターボ「エンジン」を展示しています。真ん中の舷窓には飛行陀飛輪があり、伸縮性のあるチタン合金のカバーを備えています。左側の冠を回転させてカバーを開けたり、閉めたりできます。



腕時計は特殊な三次元立体構造のムーブメントを搭載し、475枚の部品からなり、72時間の動力を蓄えています。MB&Fマークの「トマホーク」は自動的にチェーンを並べてプラチナの材質で、青いPVDの処理を経て、ムーブメントの他端の2つのアルミニウム合金タービンはブッダの運動速度を制御することを助けて、長期運行の信頼性を高めます。



黒いクロコダイルの皮のバンドと合わせて、官価は21.5万ドルで、限定8枚です。

« 上一篇下一篇 »