23
2019
09

Annual Calender Reglator Ref.5235/50 R整時器レイアウトカレンダー

 Patek Philippeは、2019年Baselworldショーの最初のウォームアップ作品「Annual Calender Reglator Ref.5235/50 R」を発売したばかりで、天文観測のための高精確なタイム計測に敬意を表するとともに、2011年に発売されたRef.5235 Gに代えて、Patek Philippeの現在唯一のタイムテーブルとなります。金の種類。



40.5 mmのバラゴールドのケースは、サテンの研磨によって装飾され、厚さは10 mmしかなく、エレガントで洗練されたコンパクトな機能です。時計の文字盤は経典の整時器のレイアウトで、中央は長分針で、12時は時間盤で、6時は秒針盤です。



文字盤の中央の灰色の部分は垂直に糸を引く処理を経て、時間盤、秒盤及び分目盛丸は純粋な黒です。二つの小さい文字盤は同心円の模様を飾り、縁はバラの金環を埋め込んでいます。



カレンダー機能の融合は完璧に時計表の対称美学に呼応しています。2時と10時の両扇形ウィンドウはそれぞれ英語の月と週を表示しています。カレンダーウィンドウは6時の小さい秒盤に統合されています。ケース側面の隠しボタンで調整できます。



新たな自産カリブブリエ31-260 REG QAを搭載し、スピラメックス®サイクリング遊糸とPulomax®珪素質束縦を搭載し、周波数を23040 vphに上げ、走行時の精度は-3/+2秒まで毎日48時間を準備しています。芯の厚さは5.08 mmしかないので、ガラス表の底から22 Kの金偏心のマイクロ振子と精巧な紋様の装飾が見られます。



黒いクロコダイルの皮のバンドと合わせて、官価は47000ユーロです。

« 上一篇下一篇 »