10
2019
09

ショパンChopardの大作L.U.C XP Urushi

 2009年、ショパンChopardは日本市場のために一連のurushi塗料のタイマーを作りました。今年は、薄さと優雅さのある39.50ミリの黄金のケースの中で、一連の9種類の異なる蒔絵漆の作品を見せてくれました。蒔絵技の大家である増村紀一郎Kiichiro Masumura(最近は日本政府から「国宝」と呼ばれています。)はこの一連の技術監督です。文字盤が設計された後、上塗りと金粉飾りは日本皇室の公式サプライヤーである品山田平安堂Yamada Heiando蒔絵工坊によって完成されました。古代アジア哲学によると、さまざまな文字盤は宇宙の5つの基本的な要素を表しています。金、木、水、火、土。文字盤はそれぞれ龍、鳳、虎、孔雀、魚と神獣(麒麟と玄武)の模様で、色と層感を使って文字盤を生き生きとさせています。

« 上一篇下一篇 »