16
2019
08

BLANCPAINは海洋生態水中写真家の呉永森を熱愛します。

 今年43歳の呉永森さんは「私はすでに本業を退職しました」と話しています。彼は小さい時から何の成果もないことを誇りに思っています。ずっと普通の一人です。36歳になって潜水を始め、写真を撮り始めた。彼がもっと多くできる時、これを職業にすることができるかどうかと言いたいです。さらにこの道に足を踏み入れた後の発展は呉永森が思っているよりもっと多いです。



2012年に潜水を学んで、次の年から水中撮影を始めて、一堂の撮影授業に行ったことがない呉永森さんは土法製鋼の正しい方式を見つけたと言えます。今日まで47の大型国際写真コンクールの優勝、準優勝という好成績を収めました。「試合は自分との試合です。敵は一人しかいません。それは自分です」と呉永森さんにとって、撮影試合に参加することは自分を励まし続けることです。コンテストを通じて、「自分をもっと良くすることができます」という水中撮影が今日まで発展してきたため、さまざまな手法が大同小異で、同じ題材で、どうやって表現するかというのが一般の人と違って難しくなり、「これが今私の撮影課題です」ということです。



撮影大赏を受けた呉永森は「ズボンをはく时间が多くなったはずです」と笑颜を见せた。また、仕事中は正式な服を着る機会がほとんどありませんでしたが、ここ数年は受賞のためスポンサーも多くなりました。だから、相手と会う時は礼儀に基づいて、必ずおしゃれをします。呉永森さんは「潜水者にとって最も必要なアイテムはダイバーズウオッチだと思います」と話しています。どんな場合でも着用します。実際に仕事をする時にも使います。彼は電子式の腕時計がある以外に、瓶の容量を計算しにきて、潜水時計は予備のツールで、回転の時計の輪を通して自分が潜水する時間を知っています。呉永森さんは「パラシュートのように、主傘以外にも予備の傘があります」と話しています。これは電子時計以外にも機械式ダイバーズウオッチを装着する原因のようです。



今まで仕事を続けてきた呉永森さんは、潜水者の立場から腕時計を選ぶには、まず表面が大きくなければならないと考えています。「通常は直径41ミリ以上のものを選ぶ」という理由で、水中で見ると視覚が制限されています。また、「ベルトは伸縮しやすい」ということです。防寒服を着ている時に着用することができます。色はやはり海のような黒と青が好きです。初めて宝パーを知ったのは潜水時計の上の回転盤です。彼らが発明したのです。つまりこのブランドは水の中で時間を計るという初めての思いつきです。二つ目は、ポーパーも多くの海洋科学者を支援しています。前に呉永森もブランド主催の活動に参加したことがあります。「これらの研究は商業価値がないとしても、ポパーは大量の資金を投じて協賛したいです。これは海洋に対する熱愛でしょう。」



長年のスキンスキューバ撮影に携わってきた呉永森さんによると、海の生態は美しいが、人々の破壊に伴って多くなるという。彼は「海の中のゴミを撮りましたが、スポンサーに返却されました。自分のロゴをゴミに印刷する人がいないので」と話しています。これは今起こっていることです。ですから、呉永森さんは角度を変えて、水の下の世界がどれほど素晴らしいかを知るようにしてから、私たちに知らないうちにこのすべてを破壊することを教えます。「これは私が潜水者になる使命です。」ほとんどの自然生態写真家のように、お金持ちにならないで、衣食を求めているのは、この土地に愛情を持っているからです。

« 上一篇下一篇 »