25
2019
07

卓越した技術でファッション的な魅力を発揮します。Jaquet Drozの全く新しいGrand e Seconde Skelet-One大秒針を透かしたセラミック腕時計です。

 スイスのトップクラスの時計ブランド、アコード(JAQUITT DROZ)は、2019年の新たな大秒針Skelet-Oneの透かし時計を発売しました。黒の陶磁器で作って、文字盤は青い鋼のねじとプラチナの時の標識を合わせて、青い帆布のバンドに映えて、現代の陽剛の精神が現れます。



二世紀近くから、ヤッケドロの大秒針の腕時計シリーズは常に新しい姿を見せてきました。この時計の傑作は時代の精神と呼応して、細部と装飾を新たに解釈して、新しい驚きを達成しました。2018年に発売されたSkelet-Oneの透かし彫りの腕時計はこの経典作品の風格上の重要な変化を表しています。大秒針の腕時計は初めて時計盤を捨てて、透き通るように軽やかな透かし彫りのデザインに取って代わり、大針の秒針の腕時計の精巧な構造と複雑なムーブメントが余すところなく展示されています。大秒针Grand e Seconde Skelet-Oneの透かし腕时计も正式に始まった。



今、この傑作は再び現代風の陶磁器のモデルを作り出しました。ケースの直径41.5ミリメートル、大秒針Skelet-Oneの透かし芯に巧みに呼応して、黒いコーティングはファッション的で陽剛な気迫を表しています。ケースのシャープな落とし線は、表面と表耳がサテンの表面を通って磨かれたセラミックのケースと絶妙なコントラストを形成しています。ケースの側面も研磨され、「ガラスケース」と二重のサファイアガラスの時計鏡が互いに引き立てられています。ムーブメントの主なサンドイッチ板はケースの縁まで延びて、ケースは同時にムーブメントの外縁として、時計の謎を見て忘れられないようにします。この構造によって、歯車は完全に宙に浮いて、透かし橋に固定されます。



腕時計のムーブメントは豊富で心をこめて装飾処理を経て、大秒針Skelet-One陶磁器の透かし彫りの腕時計の高級な表の傑作の地位を明らかに示します。12時位置の18 Kプラチナの時間盤と6時位置の大秒針を使って固定します。さらに同時に透かし芯と文字盤を固定します。抜群の表伝統に呼応します。すべてのネジは「マーク」というデザインを採用しています。つまり、文字盤の中心の位置に向いています。





« 上一篇下一篇 »