13
2019
06

大時計冠の80歳の誕生日

 かつて、大時計の冠の針式カレンダー腕時計は豪利な時の一番人気の時計の一つです。この時計の起源は1938年で、最初はパイロット用の航空表で、厚い手袋をしているパイロットが時間を調整するために、特別に冠を大きくしたということです。ここ10年になって、ようやく大時計の冠の熱が下がってきた。今年はちょうど大表冠80周年の誕生日で、豪利の時に特別に1項の記念版を出して、歴史の上の大きい時計の冠の古い時計を原型にして、青銅の材料に参加して、このシリーズのかつての光り輝くことに敬意を表します。

 


この記念版の腕時計のケースは青銅で作られたもので、大きさは40 mmで、文字盤は注目の暗い緑色で、銅のケースの暖かい色合いと美しい引き立てができています。また、復古アラビア数字の目盛り、レールの紋様の装飾、蛇の目の形をした航空針、貨幣の紋章の輪、針式のカレンダーの表示などの古典的な要素を持っています。もちろん、最も重要で不可欠なのは、やはりシンボル的な大型の冠です。

 


この時計に搭載されている豪利時に生産された754のムーブメントは、Sellita SW 200-1のムーブメントを改造したもので、久しく検査されています。現在の価格は約14000元です。

« 上一篇下一篇 »