10
2019
06

数万円の「ガンダム」

 ガンダムといえば、誰も知らないはずです。ウルトラマンと同じように、日本のSFアニメの代名詞になりました。2019年はガンダム誕生40周年ということで、セイコーがガンダム記念の腕時計を3つ発表しました。

 


第一の時計はセイコーの今年のパキスタンの新型Prospex LX Spring Drive GMTをベースにしています。(万俵世界の前にこれに関する記事があります。3月末の歴史文章を見て知ることができます。)、ガンダムの関連要素を盛り込んでいます。番号はSBDB 033 Jです。

 


この表は赤、黄、青の三色をメインカラーとして採用しており、明らかに初代ガンダム「RX-78-2」のカラーを取材している。44.8 mmの表径、チタンの殻、二色の陶磁器の輪、12時の目盛りは高さのおでこを思い出させます。冠と表の背には地球連邦のマークもあり、細部にわたっての詳細が詰まっています。

 


さらに、5 R 66のムーブメントを搭載したスピングドライブ技術は、世界3月末の報道で紹介されていますが、機械時計と石英時計のムーブメントを組み合わせて、この2つの長さを溶かしています。ガンダムを抜きにしても、この時計は素晴らしいです。300枚限定で、63万円で、約38,000元です。

 


二番目は海洋マスターシリーズSLA 029 J 1で、霊感は悪派グリーンザクから来ました。全体的にそのシンボル的な軍緑を採用しています。秒針の頭の赤い丸は、ザクの独眼を思わせます。時の標識の間には環状線があり、ザクの動力管を意味しています。

 


この時計もチタンケースで、直径は52.4 mm、厚さは17.2 mm、防水深さは1000 mです。8 L 35のムーブメントを搭載し、50時間の充電が可能です。1000枚限定で、40万円で、約2,4000元です。

 


最後の一枚は海洋の大家のシリーズから来たので、番号SLA 031 J 1、霊感は赤いザクに源を発します。色以外は緑ザクと全く同じです。最初のGMTは今年8月に発売されます。後の2枚は今月に発売されます。日本でしか発売されていないので、欲しい友達は海を買いたいと思います。

« 上一篇下一篇 »