27
2019
05

2019シンプルマリン航海シリーズ腕時計

1815年10月27日、アブラハム・ルイ・宝玉は法王ルイ18に任命され、フランス王立海軍の御用時計師となった。これは一つの至高の栄誉だけではなくて、一つの不可欠な国家の職責をも意味しています。当時、航海時間装置は艦隊にとって重要であり、船の位置は海の上にあるかもしれないからです。このようなクロノグラフは正確でなければならず、艦船の継続運動の影響を受けられます。この任務を受けて、珠玉さんはすばらしい航海時間表を設計しました。桃の木やくるみの木から作られた特別な時計箱に取り付けられています。ユニバーサルジョイント常平システムは、いかなる状況においても、タイム計算器のレベルを確保することができます。珠玉の航海シリーズはその貴重な歴史を追憶するものであり、現在の顧客のニーズにもマッチしています。丈夫でダイナミックな外観で、現代的なデザインの結晶ともいえる珠玉の持ち味を残しています。

 


アブラハム・ルイ・珠玉がフランス王立海軍御用達の時計師として200周年を迎えた際、珠玉は貴重なタイムテーブルを作り出しました。この自動チェーン腕時計は限定で200枚を発行しています。プラチナのケースを採用しています。また、ハンドメイドの金質振子は黒とロジウムメッキの二色の外観を採用しています。マットブラックゴールドの文字盤は時間と分をはっきりと表示できます。センターには時計の秒針と分針があります。また、この限定モデルは2つの小さな文字盤を搭載しています。1つは9時の位置の小さい秒針の文字盤、もう一つは6時の位置のタイマーです。同じ6時位置にある日付ウィンドウはこの腕時計の表示機能を完璧にしています。直径42ミリの腕時計に黒いゴムのバンドを搭載しています。

« 上一篇下一篇 »