30
2019
04

羽のように軽いRADOスイスレーダー時計True Thinlineシリーズのブルー羽限定腕時計です。

 イヴギニア・ミロはロシアの有名な芸術家で、象征主義の風格、経典の伝統要素、高い飽和度の色調と煌びやかな色彩で有名です。イヴギニア・ミロは古い伝説の絵柄や記号を駆使した創作が得意で、そのデザインには多くの材質が使われ、時間の試練に耐えられる名作を作り上げています。

 


装飾的なシルク素材から精緻な磁器まで、イブジニア・ミロ(Evergenia Miro)は異なる素材を使って作ってみます。今、彼女は展望性の高いパイオニアの時計ブランドRADOスイスのレーダー時計と協力して、ハイテク陶磁器を使って腕時計というミニチュアのデザインを試みています。イヴギニア・ミロは、その独特のデザイン理念とスタイルをこの薄シリーズの新しい腕時計のデザインに取り入れました。本当に薄いシリーズはRADOスイスのレーダー時計のデザインスタイルを備えた腕時計シリーズで、2011年に初めて発売されました。その細い輪郭、独特な構造、伝統的な表工芸を突破する革新的な設計手法に注目しています。

 


RADOスイスレーダー表True Thinline真薄シリーズは優れた耐摩耗性を持つハイテクセラミックの材質で作られ、ブランドのシンボル性の一体成型ケースと時計チェーンにレーザーで精巧で独特な羽模様が彫刻されています。イヴギニア・ミロのユニークなデザインは、鳥の羽のような軽やかな動きの美しいラインを与え、新しい時間哲学を作り出しました。彼女は一日の中で午後1時から7時までの時間が一番効率的だと思っています。だから彼女は文字盤に1時から7時までの対角線を追加して、この理念を生き生きと伝えました。羽もハイテクセラミックスならではの軽やかな質感を象徴しています。

« 上一篇下一篇 »