22
2019
04

腕時計の中の戦闘機

 腕時計はアクセサリーとして、デザインも重要な選択根拠です。腕時計のデザインそのものには良いものと悪いものがありません。似合うものと合わないものだけがあります。

 


目の縁が必要な以外に、表のスタイルは背景の要素と一致しています。つまり、この表の主な着用場所を明確にしてから、いかつい軍用時計を好きになっても、スーツに合わせると違和感があります。

 


全体の風格の以外に、いくつかの小さいところも注意に値することがあります。もし身につける者が老人なら、読む明瞭度は非常に重要です。文字盤の色と針の目盛りの色収差が大きいほどいいです。普通は腕時計を身につけていますが、あまり注意深くない人は、超薄型の機械時計を選ばないほうがいいです。

 


建築巨匠のミスヴァンドラーは「悪魔は細部に存在する」と言っています。いい時計はLogoを抜きにしても、細かいところまで細工すれば、その値打ちが分かります。メカニカルウオッチのムーブメントは細部の技術を競い合う絶好の舞台であり、工業自動化の度合いが非常に高い今日でも、それらの細かいムーブメント部品は依然としてタブ職人が一つ一つ手作業で磨きます。

 


腕時計の外観からも細部の優劣が分かります。ケースの表面処理は一般的なのは全体研磨または全身マットです。時にはより良い視覚効果を得るために、ケースの部位によっては違った表面処理技術が採用されます。このようにすれば、難易度とコストが高くなりますが、このような細部に対する妥協がないために腕時計により高い価値を与えました。

« 上一篇下一篇 »