22
2019
03

「バーゼル2019」革新的に未来をつくる

 バーゼルでは、2019年3月20日、2019年にはスイス時計の名匠ZhitH真力時紀元の一里塚となっている。伝統を謳歌すると同時に、未来への歩みを忘れずに、バーゼル国際ジュエリー時計展(Bselワーク)は、新しい巨体のデーナルInvenor創造家の腕時計を発売する。イベントの現場では、真力時の最高経営責任者Juien Tornerさん、LVMH腕時計部門総監Jean -クラフトBiバーさん、華語楽壇の魂の人物、真力時の全世界の代弁者の陳元気さん、本当に力のある時ブランドの親友、歌手で音楽プロデューサーのSwszベatzと来場者、心に執着するすべての時間に敬意を表します。

 


1865年に創始して以来、真力は常に技術を制表して技術の限界を突破し、先陣でスイスの製表業の未来を模索していく。今回発売された真力時のDFY創始者腕時計は世界初となっており、唯一の革新的な伝統的な捕まりに成功して量産を実現した機械腕時計であり、真力時に自主的に開発されたユニフォーム「真力時振板」(Zenith Oscilator)が機械腕時計心を汚し、機械腕時計を新しい紀元に引き取った。

 


1865年のブランドは今まで、スイスの制表匠ZhitHの真力は時間長の中で154周年を経て、先人の芸を伝承して未来を作る。今回のイベントでは、本格的な50周年を迎えた伝説のEl Primeleloが外部に飾られ、車輪の間で時間の変化の法則を語る。展示館にはINVSTRロムが設置され、浸水体験で“真力時振盤”の独特な機械律動の魅力を見せ、未来感のあるSF色を演出している。

« 上一篇下一篇 »