15
2019
03

豪朗は時間の表示方式を変革し、時間に新しい次元を与える

 2019年3月には、2019年のバーゼル国際時計ジュエリー展(Baselワーク)を迎えるために、第8項の自主的な機軸を出し、超群腕時計を発表した。時計の基本的な機能に復帰することで、クリエイティブな顕時方式を提供することによって、HAUTolNST豪朗はブランドの根本を取り戻し、本真の個性を再現する。ジャンプタイム盤と半追式時間チェーンの発売に続き、このブランドは回転ボール式のジャンプ時に表示されます。

 


青い球体が殻の左手を占めていて、小型のアーチ状の形をしたサファイアガラスのガラス時計鏡を通して、青色の球体が壮麗で、目を引くことは難しい。球体には12個の数字が刻まれ、三本の軸を回って、現在の時間を示す。一見して完全に自由であるかのように実行しているのは、実は厳格な列を経て――4つの錐の歯車は2本を囲まれて互いに交差していて、21度の傾斜角を呈している軸を動かしていることから、酔うような魅力的なダンスを演じています。ブルーPVDメッキ工芸で処理された2つのバチタンの金属は、この錐形の差動輪系を飾り、調和のとれたバランスを共にした「陰陽ボール」。

 


球体の右側が逆ジャンプ分で表示され、1本の針が精巧で優雅な分軌道を取り巻く時、軌道の透かしは機軸の上に設けられ、バランスのいい方が見えてくる。この窓口でも伝動車輪が出てきて、0時の針を減速して運行することができ、このスピードを通して衝撃を下げる。跳ねる時に表示される差動輪やかたがた輪も、分針の下にも見える。分軌道とダイヤモンドを通して放光する貼り付けの分数はいずれも中層の表盤に固定されていて、この層はスモーカーの金属の質感によって修飾されたブルーの宝石の水晶ガラスの表板は腕時計を全体的に明るく澄んでいて、きれいで透明です。

« 上一篇下一篇 »