28
2019
02

大坂直美が封入された後に持ち物王の御用時計金は千匹

 アメリカのテニスの公開試合でネット界の伝説の小威安線を破った後、日本を代表する大坂直美さんは、先日、オーストラリアのテニスの公開試合(豪州網)で、キャリアを獲得した2番目の大満了で、彼女の世界の順位はトップクラスのテニスの名将を超えて、正式にボールになった後に、彼女が推薦した製品もそれに伴って売れている。

 


最も多くの利益を得たのは、彼女がブランド代弁者を務めた星辰表(Citizen)で、配給された時計の問い合わせ度が3倍多いということで、前にアメリカで大満走金杯を掲げた時に配られた光動能BZ 400 - 01 E腕時計も、日本国内では需要がありません。今回、大坂直美はマカオのオンライン戦の時に、同シリーズのBZ 400 - 06 E表を装着して、オレンジ色のゴム表帯を組み合わせて、さらに動感のあまり、同様に質問度を倍増させ、Citizenを3月にこの腕時計を発売する。日本の消費者は1000匹限定で、この新表を知ると、9割が大坂直美の人気を集めている。

 


それだけではなく、大坂直美はコートの上で着ていたドラフトのダブをパーティーにして、海辺と沿岸のプラスチックの廃材を回収した後に作られ、通気性が強く、3 D構造を採用していて、運動後の汗が汗で不快感を与えている。このシリーズのユニホームは、adidasの公式サイトでも同じように販売されており、売り光ではなく、いわゆる「大坂直美」のブームとなっている。

« 上一篇下一篇 »