14
2018
11

博物館SEIKO Aston 35 SQ石英表に国に登録されている

1969年、SEIKOは世界的な技術をリードし、世界初の量産の石英腕時計を開発し、人類の時計の歴史に画期的な革新をもたらし、世界の時間の意味を変えるだけでなく、人類の生活効率と利便性を高め、腕時計界の石英革命といえる。半世紀の後、2018年、日本国立科学博物館は重要な科学技術史資料(未来技術遺産)に登録し、SEIKO Astonの人類の科学技術生活に対する重要な貢献を書いたと発表した。

 


日本の重要科学技術史資料の登録制度は2008年から始まって、「日本の科学技術の歴史を示す」、「世界でリードしている科学技術」、あるいは「文化的に世代に受け継がれている意味」の発明と開発品が、重要科学技術の歴史資料に登録されている。SEIKO Quartz Aston 35 SQは、世界初の石英腕時計だけでなく、当時一般的な機械腕時計の精度が日差数秒から数十秒の時代であり、日差±0.2秒、月差±5秒の高精度を実現した。SEIKOの開発の成果は、特許の技術だけでなく、腕時計が世界各地で普及化し、石英腕時計の歴史的地位を築いて「精確な時代」を切り開いた社会で、SEIKOは「時計本がこのようになるべきだ」という志を実現した。今でも練り技を精進し、石英表を超えた石英表が次々と誕生し、理想の腕時計に向かって邁進する。

« 上一篇下一篇 »