19
2018
09

Etna綺年華1948 Lgacy小秒盤シリーズの腕時計、依然として経典、伝奇

 1948 Lgacy伝奇シリーズは、Etna綺年華を搭載して、自家製30 30分の薄い弧の形の大きなカレンダーの機械のコアを開発して、伝奇的な球形の軸受を組み立て、手ですべての心で光を投げて、磨きをかけて、各一環で生産して、すべて表の人が伝統に対する敬意を表します。最高のサファイアの後の鏡、41.50 mmと18 Kバラの金は、古典的な現代の演繹である。デザイナーは時代の要素を新金の1948に溶け込んで、現代人の審美的な需要に満足しています。内の曲がりの針は太陽紋銀質の弧の表盤と完璧に組み合わせて、金色の針は分秒秒に3時位の大カレンダーを過ぎて、人生の中ですべての重要な時間を銘記します。アーチ型のサファイアガラスは、数道を経て反光や防磨処理を行い、ガラスの通度を高め、表面を守るとともに、腕時計を楽しむことを楽しみにしています。優雅な表殻、内曲がった表耳、手作業で茶褐色のワニのベルトと18 Kのバラの金の折々のボタンを縫って、簡素な設計は至る所に製表者の詳細に対する追求を含んでいる。新しいEtna綺年華1948 Lgacy伝奇シリーズの腕時計、依然として経典、伝奇。

 


1948 Lgacy小秒盤シリーズは、Eetna綺年華家の自家開発390 A自動ブレスレットを搭載しており、この機軸はEetna綺年華39型自家コア家族の一員で、製表職人はこの機軸に巧みに、異なる部品やコンポーネントを合わせ、3針手にチェーンコアの飾り板の中から3本のねじを移したまた、元の3本のネジで固定された自動モジュールをさらに小秒針を配置することで、簡単なデザインから実用的な機能を奏することができる。全体の家族のコアは68時間の動力の記憶があり、9時の位置の小秒盤には、経典の中央時に針を分けて配置して、時、分、秒の3針の機能を発揮して、更に3時位置の日付窓を合わせて、表盤がはっきりして読むことができて、しかも低調の中で贅沢を見ます。シリーズは、3つのバージョンを用意することができます:18 Kバラの金/ステンレスの表殻に白色の表板を付けて(小さい秒の皿はすべて白色で)、ヒネ色のワニの皮の表は18 Kのバラの金の表殻を持って、あるいはステンレスの表殻は黒色の表盤を配合します(小さい秒の皿はすべて黒です)

« 上一篇下一篇 »