07
2018
05

高級製表の精神の再解釈:万宝竜

 2017年モンブランを伝承はMinerva時計工場の懐中時計の設計のためにインスピレーションを再解釈経典のStar LegacyシリーズNicolas Rieussecクロノメーター、保留の主な要素のほか、また新しい顔を含めて、新しいデザインのケース、面盤を含め全てより精緻。バンドと過去さえもちょっと違う、もっと上品で優雅な過去より全体。

 


2017年に逢Star Legacyシリーズ発売にじゅう週年の記念に、モンブランを再解釈経典の方式のお祝いに、新しい表項のデザインセンスすなわち源はMinerva時計工場制作の懐中時計。この中で、モンブランを新しい解釈経典のNicolas Rieussec単にクロノメーターを、この表項に1821年発明の墨のフランスタイマー時計職人Nicolas Rieussec脱帽、彼も世界での1位獲得は発明特許のタイマー。この表は2008年に発売した後、すなわちモンブランの代表的な表項。

 


今回配信のクロノメーターを採用して新しいデザインの44.8ミリ円形のケースは、ケースサイド採掘弧状装飾、表耳側面を階段の形の設計、そのからインスピレーションはMinerva時計工場制作の懐中時計。表冠は星シリーズは認識度のタマネギ式造型、表冠サイドの坑紋に役立つアップ操作の滑り止め効果は、その上をちりばめモンブラン六角白星マーク;円弧形のサファイアクリスタルガラスをめぐって全体の立体面盤、精緻な砂利紋効果を作成する。に至っては銀白色面盤も全面的に改造を経て、特別に重点を置くの美学や時計細部の割合で、その中はえこひいき時間盤を特色とし、黒のアラビア数字時間尺度がより繊細で、週辺の採レール式分目盛環、そして面盤に採用の靑い葉一律鋼指針を腕時計の全体のデザインをより臻完璧。新型の日付表示に変更されてからろく時に位置し、窓も日付両辺藍で鋼ネジ視覚効果を強化、同時に日夜表示は統合時間スケールのきゅう、く時位置をオフセット時間リングとチタンの金のカウントダウン回転盤採マイクロアーチ設計、作成する立体効果。面盤飾を象徴トップタブの歪索紋、時間環の中心点を靑い圆纹組み合わせ同心で、面盤外環は阳刻レリーフねじれ索紋を飾り。また、面盤週辺が印刷されNicolas Rieussec」の文字が、これに有名なタイマー発明者に敬意を表する。

« 上一篇下一篇 »