15
2017
12

1957年作品はデザインの詳細を満たしている

 1957年製の18金メンズ腕時計はデザインの詳細には、円形のケースを垂直対称の設計、lapidatedベゼル、ネジロック表の底に、気がつけば表耳部分、耳の形が表(図)は、ブランドの経典のロゴマルタ十字の4分の1、溶接、ケース中央に位置。腕時計の直径は35ミリ、配じゅうに''–1019 /いち自動ムーブメントにスイスてこ式逃げ装置発条帯曲線末端で微調整ガバグースネック、組み込み逃げ歯車、ムーブメントに刻まれCotes de Genè﹎ジュネーヴ波紋装飾模様、受賞ジュネーヴ印認証。文字盤のアウトコースには珠粒の粒がある。最後の一枚は1951年制作の18黄金3問メンズ腕時計。36ミリの腕時計を2層式薄表圏の設計、3問スライド式の起動装置のきゅう、く時位置に、表の底は平たい形、水滴の形の表に耳溶接ケース中央に位置し、内にじゅうさん''薄型3問手動でチェーンムーブメントに添えバイメタルカット補償摆轮、扁平糸遊ガバ、簡易、組み込み逃げ歯車、ムーブメントをドイツ銀制作、飾りがCotes de Genè﹎ジュネーヴ波紋。

 


数量が少ないので、品質保証を受けブランドから、これらの精品市場の反映で盛り上がって、ブランドの香港でひとつ前の日本はすでに多くの作品の販売、だから特にジュネーヴとパリ運来別のいくつかのCollectionneurs懐中時計と腕時計。店舗では当日、1915年製作の懐中時計として、お客様がいます。よりオークションでフィールド上のアンティーク腕時計、ブランドの認証を得Collectionneursと再び修復、価格よりも競売場が相対的に惹かれ、加えてブランド一年メンテナンスサービスを提供して、これらはすべて令アンティークファンドキドキの原因。

« 上一篇下一篇 »