12
2017
12

陀フライホイール、時間の輪舞

 「Tourbillon」はフランス語を渦が気に入って、しかし時計業界というのは機械表に回転枠組みで逃げ制御機構、翻訳を「陀はずみ車」は、意訳と音訳の結合。この高级製表中の機械装置はいったい何なの、どんな物語がありますか?私たちは「寸鏡」の撮影のこの短短いビデオの中で、それの前世今生を見ることを見て。

 


陀はずみ車はフランス時計師阿伯拉ハンコック・ルイ・ブレゲさんは1801年発明特許を獲得の機械装置。この装置は逃げ制御機構を組み合わせて、を置くかご機内での枠組みの軸を中心に一定の速度で360°回転が逃げ機構を360°ひっきりなしに回転する時、摆轮陽炎の方位誤差を総合して、互いに相殺して、さらに誤差と影響を。

 


初誌を発明は基本給旧暦は懐中時計ムーブメントの中で、逃げ制御システムを精密度から時の頃、特に摆轮陽炎の影響を減らす最低、時の精度を高め。この発明は確かに有効にコーナーから懐中時計ムーブメント引力に影響による時誤差。

 


懐中時計の時代、陀の勢車の精確の精確のに対して重要なアップに着きました。そして腕時計の時代、陀フライホイール最初抵抗地形引力は調整の機能性は今時薄れて、転じてなる至極タブ工芸のマーク。

« 上一篇下一篇 »