10
2017
11

腕時計の等級

すべての物質が経済を介して基礎ため、腕時計の具体的な等級を選ぶ場合でも、器量によりて荷をば持て。



著名な時計評論家は「2カ月の月給で1本時計を買う」という原則に言及していた。



この原則はサラリーマンにとっては相対的で実用的なので、日常生活に支障はないが、にも装着者の身分。



腕時計は異なった標準によって、高級品、高級時計、中級表とローエンド。



時価でいえば、豪華表は100000元以上、高級時計は5000~2万元の間で、中級の表は2000 ~ 5000元の間500-2000元の間で、低級表。


« 上一篇下一篇 »