17
2017
10

オーデマピゲ、ラング、ショパン入選時計界のアカデミーGPHG

 「時計界のアカデミー」と呼ばれるジュネーヴ時計大賞(Geneva WatchmakingグランPrix、略称GPHG)各賞の入選リストを発表し、オーデマピゲ(Audemars Piguet)が今年で入選ご種類分類の賞は、多くのブランド賞入選。ドイツ血統のラング(A . Lange & Sohne)伝統工芸の複雑な機能分類表共に入選しよんしよ項、容易でない。ショパンのパンパンで巧みで完璧な工程表金」の肯定、もよんしよ賞に入選。

 


今年の表の競争に分けてじゅうに類プロジェクトは、大賞「金手指」(Aiguille dOrグランPrix)のほか、賞によって発売当時時計産業新品の状況はちょっと違う。オーデマピゲ表と佛罗伦斯金工アーティストCarolina Bucci協力のロイヤルオーククリーム金(Frostedゴールド)女装腕時計入選ベストパンパン敷き詰め象眼、雪やはしごドリルの立体卯丁ダイヤモンドOutrage入選ベストジュエリー表。パンパン表現に優れたショパンはこの2つの賞にもそれぞれImperialシリーズ初の月相表と立体蓮キャラのホワイトLotusジュエリー表にランクインし、今年の審査に見える立体ジュエリーモザイクに夢中になるのも、パンパンを非常に重視して内外兼修。

 


オーデマピゲのロイヤルオークオフショア型クロノメーター陀はずみ車とロイヤルオーク万年暦それぞれ入選「陀フライホイールと逃げ」類や「日カレンダー」タイプで受賞、Jules Audemars Minute Repeater Supersonnerie3問表は「独特」入選機械類も、オーデマピゲ近年開く音で実験室を研究して以来、に取り組む質問表開発の傑出している成果。

« 上一篇下一篇 »