29
2017
08

カレンダー(Annular Calendar)腕時計の概念

カレンダー時計に搭載されたカレンダー機構は、(平年に月28日、うるう年29日)底を行うことに一度手動調校外、その他ななしち31日の大月(いち月、さん月、ご月、ななしち月、はち月、じゅう月とじゅうに月)とよんしよのさんじゅう日さつき(よんしよ月、ろく月、きゅう、く月じゅういち月)を自動識別可能。怽搭載されているカレンダー機構ができない自動識別平年に月の28日または閏年に月の29日だが、それを人為的に月の規定をさんじゅう日毎年が5日がさんじゅうのさつきと7人が31日の大月は、こんな規則正しい循環原本の復雑なカレンダー転換週期が比較的簡単に多く、設計者を通じて、もっと簡単な機関より万年暦を実現するカレンダー機能、同時に配合合理的かつ人間的な調整装置、一般の装着者にとって、その魅力はない遜は万年暦表。また、カレンダーは区別ができる大きさ月の機関として、そんなに装着者を理解しなければならない当時はどの月に対応した日付カレンダー機構を備えたので、同時に表示機構を搭載しなければならない月表。明らかに対して、普通の暦表にとって、月の装着者に表示させられることの詳細については時間の情報を表示して、これは同様に怽の優位。




http://www.watchwholesale2017.top/

« 上一篇下一篇 »