10
2017
07

が卓越した学問も続きがある中国が文字板の上に刺繍され

 一本の糸が総ななじゅう次使用、細やか程度は肉眼でも見分けにくくて。人は細いハエミリの文字なら、やはり壮絶な図案、針板の上に心を演じて、中国の伝統的工芸-绣品に西洋の腕時計、卓越した学問も、続きがある。

 


この時計はシャネルツバキの花刺繍ジュエリーブランド傘下のLesage刺繍糸を細く绣山ツバキ工房を面盤、現れたシャネル最も経典のツバキの元素を添えて、ダイヤモンドに合わせて、完全に再現したのChanelで最も影響力の刺繍工芸、甚だしきに至っては服装にも写真文字盤の上に引っ越した元素。

 


増幅を見ることができて、文字盤の上に、刺繍の一本一本の細い線、花びらから蕊まで、色のグラデーションの咲く続きで、2種類の色の裁縫の体現。こののChanel(シャネル)新しい「Mademoiselle Priv E宝飾腕時計」シリーズは、明らかにシャネルさん個人の世界の神秘的な、より現れ彼女が愛しのシンボル的な記号や生活の中で盲に杖の重要な元素。腕時計は優秀なエナメル技師、彫刻職人と宝石をちりばめ師を創作するのを含め、ジュネーヴからエナメル芸術の大家Anitaさん、Lesage刺繍工房。

« 上一篇下一篇 »