03
2017
07

Baselworld 2017 -カールF . Bucherer Manero Flyback復古鎏金

 昨年の再出発のスイスルツェルン時計ブランドカールF . Buchererは、もっと早く年から自家製ムーブメントが、近年は腕時計の設計により、もっと大胆な変革が、今年もManeroシリーズはより良いデモンストレーション。

 


まず一番好きなのは、Manero Flyback飛返機能クロノグラフ、ムーブメントは、汎用ムーブメントを改造したCFB 1970自動的に時ムーブメント、いわゆる飛返カウントダウンは、カウントダウンを期間を押しボタン、ゼロ、十二時にカウントダウン指標帰還開始位置の一種類の機能。もちろん、現代人は使っていると言うのか?のために、腕時計は用いて吟味し、本当にグリップにスピードとして使用する実踐の機械機能も、比較的少数。そして復古の造型、特にバラの金のケースにシャンパンゴールドの表面の配色の、ある種の60、70年代に戻る航空表の境遇とともに、内表圏の速度計、時標など数字のデザイン、みんな帰ってあの年の歳月鎏金。

 


アンティーク風のものは、腕時計も地味大潮流のManeroパワーReserveに自宅では、生産のA1000自動ムーブメントを搭載し動力貯蔵(55時間)のモジュールのCFB A1011ムーブメントを採用したが、外陀は、チェーンは効率が高い、視覚的にももっと大範囲の週りを楽しむムーブメントの技術、用意がある分、小秒針、パワーリザーブと大カレンダー表示。

« 上一篇下一篇 »