05
2017
06

ブランパン手を携えて梁文道発表新しいテーマ短編『職人・意匠」

 延々と続く侏羅山脈、緑の古い樹林、キラキラした三面湖、散布町農園——ご俯瞰で、まさに「時計と穀」の汝拉穀(Vall E eのJoux)。
スイス製表業界の重鎮、静謐、淡々。ここでは、時間が心に感知されます;時間も、借りて、大家の手、最後に腕を見るに可聴の分秒。
深穀へ、じゅう座町の一つのLe Brassus、あなたがすぐ見つかる世界最古の時計ブランド――ブランパンBlancpainの大雑タブ工房。扉を押し開けて扉、大した大師達浸って磨き異常精密なムーブメント、または贅の限りを尽くすゴージャスな精巧で、伝統的な芸術工芸を腕時計。300年、ブランパンのタブ師にこつこつと創作工房。高級機械式時計の複雑な機能、例えばカルーソ、陀フライホイール、3問、中華カレンダーなどで鋳造。イヌワシ、エナメル、ダマスカスはめ金、赤銅などの複雑なプロセスも同じ屋根の下に集まり、ブランパンから少数が独立して完成して以上すべて工芸のタブブランド。
「なぜこんな環境でこんな製表産業が育てられるのか?どうしてこのような1つの遊牧民、農民の家族が、こういう匠?」ブランパン文化大使梁文道疑問を持って、訪問ブランパン麾下三位スイス国宝級工芸時計師と、私達はいっしょに発見職人意匠の物語。

« 上一篇下一篇 »